【先輩留學生の就活成功ストーリー】絶対商社に入りたい!目標を明確に。

【先輩留學生の就活成功ストーリー】絶対商社に入りたい!目標を明確に。

都內國立大學 Zさん(2022年3月卒業) 中國出身

【就活データ】
就活時期:2020年10月~2021年6月
エントリー:15社
面接參加:12社
內定數:5社
內定先:総合商社

商社から內定GETするための就活スケジュール

色々な業界研究をしていく中で、「商社」を自分の志望業界に定めました。日本にいながら海外と関われるグローバルな環境であること、ハイレベルな仲間達と切磋琢磨して自己成長ができそうと思ったことに加え、商社は日本にしかない獨特の文化であることが理由です。せっかく日本で働くなら商社が良い!と思って、商社からの內定ゲットを目指して就活をしていました。留學生の採用數が少なく、日本人でも商社の內定を勝ち取るのは難しいと聞いていたので、早めからスケジュールを立て、計畫的に進めていました。
日本の就活スケジュールは時期が決まっていて、自分の人生を左右する第一歩になるので、私の中で就活は第一優先でした。特に年明けの3月から6月は就活にしっかり集中するようにしました。 商社から內定GETするための就活スケジュール

商社に合格するために行っていたこと

商社の選考が本格的に始まるのは3月以降。その為、商社の選考までに面接慣れをしておくこと!3月までに內定を最低1社はゲットして心にゆとりを持てるように、年內から選考している外資系企業や、ボストンキャリアフォーラムに參加して早期募集をしている企業に応募したりしていました。
年內に受けた外資系のコンサル企業は2次面接で全滅してしまい、さすがに落ち込みました。ただ自分の志望業界ではないけれど面接練習にはなりましたし、もし就活うまくいかなかったら…と考えて院進學の申請をするなど次のプランに備えることも出來ました。
3月の商社の書類を出す前に內定をもらいたい!と思い、EC系企業に応募し、無事に內定をもらえたことで、3月以降の就活解禁後は、商社の選考に向けて、実際の面接を受けることで面接練習をしたいと思い、第一志望の商社業界だけではなく、自分が気になった企業や、行きたいと思った企業に絞って応募していました。 商社に合格するために行っていたこと

後輩へのアドバイス

まずは日本語力!日本語力がないとコミュニケーションも成立しません。まずは自分の言いたいことを的確に伝えられるレベルまで日本語力を向上させましょう。
そして面接では『素の自分で勝負する』こと。質問を想定し、事前に回答を丸暗記するのは本當にやめた方が良いです。丸暗記するとどうしても不自然な會話になるし、緊張して覚えたことが飛んでしまうと何も言えなくなる。私も友人同士で面接練習しましたが、話をすれば丸暗記しているかどうかはすぐにばれますよ!特に商社は高い日本語レベルやコミュニケーション力を求められるので、しっかり自己分析をして、自分の言葉で話せるようにしておくべきです。
最後に、『早い時期からの就活準備』も大事です。日系企業の動き出しを待つだけでなく、早期選考を行う外資などにチャレンジしてみては。練習にもなるし、早期に內定獲得出來れば気持ちに余裕もできます。本命企業の選考前に、できることはたくさんありますよ。

▼GlobalLeaderより
絶対に商社に受かる!と早期から動き出し、見事第一志望の商社から內定をGETしたZさん。しっかり計畫を立ててスケジュールを組み、ポジティブに就活を進めていた印象を受けました。目標だった商社というフィールドで、ぜひグローバルに活躍してください! 後輩へのアドバイス

暖暖日本在线观看高清中文-暖暖视频 高清 日本
洛隆县| 兖州市| 乾安县| 裕民县| 吉安县| 会宁县| 广饶县| 仲巴县| 保亭| 青铜峡市| 舞阳县| 天门市| 北碚区| 双流县| 凤凰县| 丘北县| 于田县| 张家界市| 修武县| 隆回县| 岫岩| 南和县| 丰都县| 古交市|